自動車産業とモビリティの未来を中心とした産業と企業の調査、コンサルティングサービスの提供

中西孝樹 プロフィール

中西孝樹(なかにし・たかき)

中西 孝樹

(株)ナカニシ自動車産業リサーチ 代表アナリスト

セルサイド(証券会社)、バイサイド(資産運用会社)の双方で、① マネジメント、② リサーチ・クオリティコントロール、③ パブリッシング・アナリストの3つの経験を有する幅広い経験が強みにある。1994年以来、一貫して自動車産業調査に従事し、米国Institutional Investor(II)誌自動車セクターランキングで2003年から2009年まで6年連続第1位、日経ベリタス人気アナリストランキング自動車・自動車部品部門で2003年-2009年まで6年連続第1位と不動の地位を保った。バイサイド移籍を挟んで、2011年にセルサイド復帰後、II、日経ランキングともに自動車部門で2012年に第2位、2013年に第1位。「トヨタ対VW(フォルクスワーゲン)2020年の覇者をめざす最強企業」「オサムイズム”小さな巨人”スズキの経営」(いずれも日経新聞出版社)など著書多数。

(写真クリックで画像をダウンロードできます)

経歴

1986年 オレゴン大学卒
1987年 東京証券株式会社入社
1988年 山一證券株式会社 外国法人部
1990年 Yamaichi International America, Inc.
1994年 Smith New Court証券東京支店へ自動車アナリストに就任、合併に伴いMerrill Lynch Japanへ移籍
1999年 日本証券業協会ディスクロジャー委員会、自動車、同部品、タイヤ部会委員(~2013)
2002年 UBS証券へ移籍
2006年 J.P.モルガン証券へ移籍、東京支店株式調査部長
2009年 アライアンス・バーンスタインの日本グロース株式調査部長
2011年 セルサイドアナリストとしてメリルリンチ日本証券に復帰し、アジア・パシフィック自動車チームヘッドとアジア・パシフィックのリサーチ・リコメンデーション委員会副議長を兼務
2013年 (株)ナカニシ自動車産業リサーチ創業、代表 兼 アナリスト(~現在)

 


PAGETOP
Copyright © 株式会社ナカニシ自動車産業リサーチ All Rights Reserved.